GMOクリック証券の外債(外国債券)

外債(外国債券)

外債(外国債券)は比べて選ぶ

外債(外国債券)ほど証券会社によって銘柄が違うものはないでしょう。
国内株式とは大きく異なるのがこの部分です。たいていの証券会社では、国内株式は取引できますし、国内株式が取引できるのなら、上場されている株式はすべて取り扱っているというのが普通です。ですから、国内株式で取り扱い銘柄が少ないといったことは、まずありません。しかし、外債(外国債券)は、証券会社によって異なりすぎます。

利回りの良い銘柄が人気

GMOクリック証券でも外債(外国債券)の売買が可能です。
取り扱っている債券の種類は、その時々で異なりますが、人気のある債券の取り扱い銘柄は、外債(外国債券)では豊富です。人気のあるものというと、やはり利回りの高いものでしょう。利回りの高いものといってもいろいろなものがありますが、まず新興国再建があります。

レアな債券も取扱

GMOクリック証券では、ブラジルレアル建てやノルウェークローネ建ての債券を多く扱っています。
先進国の債券は利回りが低い傾向がありますから、あまり人気がないのが現状です。また、先進国の債券はETFや投資信託などに多く組み入れられていますから、わざわざ個別のものを購入しなくても良いという傾向もあります。

高利回りの債券が人気

どちらかというと高利回りの債券が人気を集めていて、GMOクリック証券でも高利回りの債券を取り扱っています。
利回りが高ければリスクも高いという傾向は否定できません。これは仕方のないことなのですが、分散をすることによってリスクを抑えることができます。理論的に言えば、分散すればするほどリスクを抑えることができるのです。

複数の証券会社で

分散をするためには多くの銘柄を購入することが必要となります。
そのためには、多くの銘柄を取り扱っている証券会社に口座を開設しておくのは良い方法です。複数の証券会社に口座を開いておくのも良い方法だといえるでしょう。そのことを考えれば、GMOクリック証券に口座を開設しておくメリットは大きいといえるでしょう。"

口座開設お申込みはこちら

GMOクリック証券 > 外債(外国債券)